脳梗塞を予防する方法|血栓を作らないコツ

血栓を作らないことが大切

患者

発生機序を知ること

毎年多くの人が脳梗塞にかかり死亡したり、重大な後遺症が残ったりしています。そして、脳梗塞を予防するためには、発生機序を知ることが大切です。脳梗塞は、脳の組織が壊死するために意識障害や神経麻痺を引き起こす病気です。これは、脳の組織に栄養や酸素を供給している血管が詰まるために起こるのですが、どうして血管が詰まるのかというと、主に血栓が原因となっているのです。血栓は、高血圧や脂質異常症、また糖尿病や脱水症状等が原因となり血流が緩やかになったり、血液がドロドロの状態になることでできやすくなります。また、心臓の弁膜症や心房細動で心臓内に大きな血栓ができ、その血栓の一部が剥がれ落ちて脳の血管を塞いでしまうこともあるのです。

血栓の原因を除去する

要するに、脳梗塞の予防には血栓を作らないことが大切なのです。そのためには、血栓の原因を除去することが重要になってきます。例えば、高血圧や脂質異常症、そして糖尿病は生活習慣病の代表的な病気で、カロリー過多の食生活や運動不足が原因となり起こることが分かっています。ですから、カロリーの摂り過ぎに気を付け、運動を心がけることで脳梗塞の予防につながるのです。また、血液の濃縮を招く脱水症状を起こさないようにすることも大切で、こまめな水分補給を行えば脳梗塞の予防になります。さらに、心臓内部に血栓を作らないためには、できるだけ早く弁膜症や心房細動の治療をするか、抗血栓薬を服用する必要があります。そして、定期的な健康診断を受けて体の状態をチェックすることも重要になります。

体調が悪いときの対処法

花

体調が悪くなったときには速やかに内科を受診してください。仕事などが忙しく、なかなか病院に行かないひともいますが、それは避けましょう。まずは、伊丹のどのあたりに病院があるのかを把握しておくことをおすすめします。

詳しく見る

膠原病内科の診療内容

男性

膠原病内科は、膠原病の治療を専門に行っている病院である。膠原病内科では、血液検査や画像診断、免疫沈降や皮膚生検などで膠原病の精密検査を行う。膠原病の治療は薬物療法が中心になり、ステロイド剤や免疫抑制剤の投与が行われる。

詳しく見る

脳の悪性腫瘍

女性

脳腫瘍には脳やその周辺で起きる物と、他からがん細胞が移動してできる物とがあります。腫瘍による圧迫などで頭痛やめまい、吐き気、失語症などが自覚症状として現れます。治療方法は手術や抗がん剤、放射線に加え、免疫療法も行われています。また脳自体の腫瘍は、それ以外の物に比べ、予後があまりよくありません。

詳しく見る